社員の想いも、叶えられる会社へ。

ひとを想う、ひとりを想う。それはお客様だけでなく、社員に対しても同じです。社会人としてやっていく上での不安、貪欲に成長を目指す向上心。いろんな社員の、いろんな「こうなりたい」に応えるべく、充実の教育研修体制をご用意しています。

入社前入社前
入社前研修
入社1年目入社1年目
コンプライアンス研修(4月1週目)
ビジネスマナーなど、社会人としての基礎を学びます。

事業部導入研修(4月2週目〜3週目)
「顧客第一を会社の心とする」。この言葉を理念に掲げる共立メンテナンスでは、総合職社員にもサービスの根幹を理解してもらうため、入社1年目はホテル・介護の各現場に配属していきます。
この研修では、現場で働く上で最低限知っておくべき知識を事前に学びます。

事業部配属研修(4月後半〜11月末)
ホテル・介護の各現場で実務を経験しながら、おもてなしの心を学びます。

1年目フォローアップ研修(10月頃)
各地に散らばった同期が一同に会し、吸収したスキル・知識を確認し合う場です。同時に他棟の様子を聞くことで、情報共有も行います。

本社導入研修(11月末〜3月末)
ホテル・介護の現場から本社に戻り、総合職として勤務する準備を行います。
入社2年目入社2年目
OJT研修(4月中旬〜)
トレーナー・メンター制度
OJTとは、「On-the-Job Training」の略。その名の通り、実務を通じて、知識やスキルを身につけてもらう教育方法です。共立メンテナンスでは、1人の社員に実務を教えるトレーナーと、メンタル面を支えるメンターを1人ずつ設定。トレーナーは仕事中、常にそばにいて、必要があればアドバイスを行います。メンターは別部署の先輩社員が担当。月1回ほど面談を実施します。直接の先輩には言いづらいことも、別部署の先輩になら、気兼ねなく話せる。困っていること、悩んでいることがあれば、何でも相談できます。

2年目フォローアップ研修
同期全員が一同に会する研修です。先輩としての心構え・立ち居振る舞いといったワンランク上のビジネスマナーの習得や、仕事に対する慣れから生まれる油断を引き締め、初心を取り戻すことを目的としています。
入社3年目入社3年目
3年目フォローアップ研修
同期全員が一同に会する研修です。後輩に仕事を任せる機会が増えてくる3年目。目標を達成するためのロードマップを描き、業務を後輩に落とし込み、プロジェクトを動かしていく、実務推進者に必要となる基礎的な知識を学びます。
入社4年目以降入社4年目以降
グレード研修
実務の推進者、チームの責任者、管理職など、階層ごとに必要となる知識・スキルを身につけるための研修です。
通年通年
人事部面談
年1回、人事部が中心となって、面談を行います。業務の振り返りを通し、次のステップへと進む準備を行います。

上長面談
年間3回、所属部署の上司と面談を行います。1年の目標を立て、半年後にその経過を確認、1年後に振り返りを行い、翌年の目標設定につなげます。

オープン研修
自由参加型の研修です。「確定拠出年金とは?」「財務諸表の見方とは?」など、各部署の社員が講師となって説明する講義形式の研修です。

海外研修
挙手制の研修です。希望者は経営陣による審査を経て、合格すれば海外の企業でインターンとして働きます。行き先は主にカナダ。単純な語学留学ではなく、社会人としてのスキルアップも図れる研修です。
  • google plus
  • facebook
  • twitter
  • hatena
pagetop