ホーム > 採用情報 > トップメッセージ

共立メンテナンスの採用情報

トップメッセージ 「お世話する心」で100年企業を目指して 代表取締役社長 佐藤充孝

「お世話する心」を軸に事業を展開

 「共立メンテナンス」という社名から、どのような会社をイメージしましたか?
 「共立」とは、お客様と共に、社会と共に、応援してくださるすべての人々と共に立つという意味で、もちろん社員と共に、という意味も含まれます。では「メンテナンス」とは、一般的に保守管理を思い浮かべるかもしれませんが、第1義に生計を維持するという意味があり、生業に励むという思いを込めています。

 わたしたちは、「顧客第一を会社の心とする」という経営理念、「食と住のサービスを通じ、広く社会の発展に寄与する」という経営方針の下、事業を展開しています。受託給食からはじまった共立メンテナンスグループは、学生寮事業から社員寮事業、そしてリゾートホテル事業・ビジネスホテル事業へと成長発展してきました。そして、シニア向け住宅事業・PKP(地方自治体向けアウトソーシング)事業など更なる拡大を目指すとともに、グループ各社ではこれらに関わる事業を行い、多岐に渡るサービス事業を展開する企業グループとなっています。
 このように成長・発展し続けて来られたのも、社名の持つ意味や経営理念・経営方針に基づき、人にしかできないサービスを大切に、創業以来一貫してこだわってきた「お世話する心」が評価され、各サービスをご利用くださるお客様をはじめ、学校・企業の皆様や土地・建物のオーナー様、また株主様や取引先様すべての方々から信頼を頂いているからだと確信しています。

人々の暮らしや社会へ貢献し続けるために

 さて、30周年という企業の節目を超えた33期・2011年に、100年企業へと永続成長できる企業グループを目指し、新たな飛躍に向けての中期経営計画を策定し、次なる成長へのステージを歩み始めています。これまでの創業・成長期では、将来を見据えたビジョンや戦略と全国のそれぞれの現場で生み出される知恵と工夫による他の企業が真似の出来ない独自のノウハウを力に変革を続け、これからの飛躍期の基盤をつくってきましたが、これからも「顧客第一」・「お世話する心」は、決して変わることはありません。様々な業務に携わる社員一人ひとりが誠実かつ真摯にお客様の声を聞き、互いに連携し合い、優れたサービス・価値を提供し、お役に立ち続けていくことに他なりません。

 次なる成長へのステージを歩みはじめている今、新しい時代を切り開き、これからも弛むことなく人々の暮らしや社会の発展に貢献し成長し続けるために、その原動力となる可能性と意欲に満ち溢れた若い力を求めています。経済的な安定や豊かさを求めるとともに、仕事での自己実現を通して働きがいや生きがいといった人間としての心の豊かさが得られる夢のある会社、活力にあふれた会社となるよう、熱い思いと挑戦する姿勢を持った仲間に加わって頂けることを心より期待しています。

ページトップへ