株式会社 共立メンテナンス
Select language
文字サイズ

投資家向け情報 IR INFORMATION

トップメッセージ

投資家の皆様へ

 株主の皆様におかれましては、日頃より当社グループへの格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当39期(2017年4月1日~2018年3月31日)期間における当社グループを取り巻く環境は、所得環境が回復基調にあったものの、個人消費の伸びは限定的なものとなった一方、国内旅行者の増加やインバウンド旅行者の最多更新などの好材料も見受けられました。

 このような環境下、当社グループは、当連結会計年度を初年度とする5ヶ年の中期経営計画「Kyoritsu Jump Up Plan」を策定し、「顧客満足度の向上」及び「開発の先行的実施」を着実に推進。また、新たなブランディングの発信としてコーポレートスローガン・コーポレートシンボルの策定など、企業認知の向上にも努めてまいりました。

 寮事業が安定的に利益を伸ばし、ホテル事業におきましても新規13棟の開業費用発生の影響もありましたが、稼働率、客室単価がお客様のご好評を得て前期を上回って好調に推移した結果、開業費用を吸収して増収増益となりました。

 以上の結果、当39期連結累計期間における営業成績は、売上高は152,021百万円(前期比11.9%増)、営業利益は13,087百万円(前期比10.8%増)、経常利益は12,928百万円(12.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は8,778百万円(前期比23.0%増)となり、経常利益につきましては8期連続の増益、かつ6期連続の最高益を更新し、中期経営計画初年度として順調な滑り出しとなりました。

 今後も、皆様のご期待に応えるべく、当社グループ一丸となって、目標達成に向け邁進していく所存でございます。

 引き続き、ご支援賜りたく、心よりお願い申し上げます。

上田卓味

代表取締役社長
上田卓味

TOP